大会長あいさつ

大会長・相良二朗の近影

大会長 相良二朗

 第32回リハ工学カンファレンスを神戸で開催する運びとなりました。第1回、第7回、第21回と神戸でしたので、4回目の神戸開催となります。今回は、日本で初めて開催されるi-CREATe 2017(リハ工学・支援技術国際会議)と同時に同会場で行います。現在、世界で最も活力のある地域であるアジアの各国から多数の当事者や研究者の参加が見込まれます。30余年にわたる日本の経験を伝える良い機会になればと思っています。

 第32回リハ工学カンファレンスでは、研究発表や講演だけでなく、当事者や初参加者に焦点を当てた新しい企画をいくつか計画していますので、ご期待ください。

 神戸は交通の便もよく、基本的なアクセスは整備されています。会場の国際会議場は1981年開館ですので、少し旧い設計ではありますが、当時のバリアフリー水準をご覧いただけます。